ほんとに安全なの?

アートメイクを施してみようと考えた場合に気をつけなければいけない点がありますのでお伝えします。まず、アートメイクは医療行為にあたることです。医師の免許を所持していることが絶対条件となります。入れ墨と同じですが、医師免許を持っていない方はアートメイクの施術をしてはいけません。違反すれば医師法第17条で逮捕されるでしょう。

自分が決めたサロンが、医師免許を所持しているのか必ず確認しましょう。また、実際に施術する方が医師であるのかも重要です。事前の確認だけは怠らないようにしましょう。アートメイクは、ニードルと呼ばれている針をつかいます。先端に染料をつけて、表皮層から約0.02mm~0.03mmと細かい間に色をつけていきます。ニードルには、電動もあれば手彫りで施すこともあります。どちらにしても、麻酔をしてからの施術になるでしょう。

アイメイクですと目の際などに1回~2回に分けて施術します。1回目では、ほんのりとした感じで、2回目でしっかりと色もついて見栄えも良く見えるでしょう。染料も米国食品医薬品局が認可している「天然成分」のみを使うのですが、安全性は認められてはいますが、まれに金属なども含まれていることがあるので100%安全かと言えばウソになるでしょう。安全性が確保されていないので、レントゲンなどの画像診断ができない点からも今一度、アートメイクについては考える必要があるでしょう。

アイメイクを施す

お化粧していなくても、いつでも目がパッチリとみえるのは女性の憧れですよね。目力があれば、魅力的に見えますし、しっかりとお化粧をしていなくてもきれいに見えてしまうのは嬉しいことです。

若い女性を中心に人気のあるアートメイクですが、やはりアイラインにアートメイクを施すことを望んでいる方が多いようです。アイラインのアートメイクを入れることで、二重まぶたも一層くっきりと見えますからね。

たとえば、目元をはっきりとさせたい。まつ毛の量も少なくて目元が魅力的に見えない。高齢者の方で多いのが、細かい作業が苦手だからアイラインを上手に入れられない。アレルギー体質だから目を擦ってしまいがち、などの要望が強ければ、アイラインを入れてみるのもいいでしょう。一般的なお化粧とは違いますから、アートメイクを入れることで、このような悩みを解消してくれるきっかけになるでしょう。

アートメイク前には必ず、無料カウンセリングを必ず受けてください。どのようなアートメイクを希望しているのか、ペンシルなどでデザインを考えてみましょう。染料の色選びも重要なポイントです。瞳の色を確認しながら、素顔の時にあまり浮いた感じにならないようにしましょう。

アートメイクをしよう

アートメイクとしようと思ったことはありますか?そもそもアートメイクについて知識はありますか?テレビや電車の広告、そしてファッション誌や週刊誌でも紹介されているアートメイクについて説明します。

朝の慌ただしい時間のない時に、メイクするのって本当に大変ですよね!それでも女性として身だしなみを整えてから外出したいものです。ちょっと家の近所にあるコンビニに買い物に行くのにも素顔のままじゃ恥ずかしいとおもうことも多くあります。

もしも、あなたがアートメイクをしていたらそんな悩みは吹っ飛んでしまうかもしれません!アートメイクは落ちない化粧です。と言っても眉毛やアイラインなどに施すものですが、化粧を落としていても眉毛もアイラインもしっかりと色がついているので、素顔のままで外出することもできますよ。

このようにアートメイクは、普段からお化粧をしている女性たちにとっては、すごく便利で有難いものです。でも、そこには問題点もありますのでアートメイクをしようと考えているのであれば、事前に色々と調べてみるといいでしょう。また、アートメイクは誰もが簡単に施術することができると思っていますか?この施術は医療行為にあたるものです。入れ墨も同じなのですが、身体に針を入れる行為は、保健衛生上危害が生じる恐れがあるので、医師免許を所持していなければ施術してはいけません。免許がなければ医師法第17条に違反することにあり検挙されます。